カートを見る
TOPへ shopping about us
 
 
「南部鉄器」は、約400年の歴史を誇る、岩手・盛岡の伝統工芸品です。長く親しまれ、愛され続けてきたこの鉄器は、保温性に優れ、陶器や磁器に比べて格段に割れにくいという特長はもちろん、鋳肌独特の質感、風合いから生まれる、他の素材では表現できない温かみと、心安らぐ美しさを持っています。



 
 
岩手県盛岡市の郊外。自然に囲まれた森の中の工場で、南部鉄器カラーポットは製造されています。伝統技法による工程の多くは人の手によるもので、熟練の職人により、一つ一つ丁寧に作られています。
使い込むほどに豊かにその表情を変える鋳肌の美しさや温かみを帯びた独特の質感は、日本の「侘び・寂び」といった情緒があり、他の素材では表現出来ない南部鉄器ならではのものです。



 
     
 
なめらかでキメの整った美しい鋳肌を実現するために、型に使う細かな砂を更にふるいにかけるという、通常の鉄器製造にはない特別な工程を加えています。
美しい発色は、下地と上色の2層の着色によるものです。デザインに合わせ、上に塗った色を部分的に拭き取ることで、凹凸の模様部分に下地の色が現れ、独特の風合いを生み出しています。このように約30工程にも及ぶ丁寧な手作業を経て、美しい鉄器が生まれるのです。

フランスをはじめとする欧州各国で人気の「南部鉄器カラーポット」の特長は、その美しい色と伝統的な趣を残した繊細なフォルムにあります。この美しく彩色された鉄器は着色技法に特徴があり、主にヨーロッパや北米等の海外向け限定商品として製作されます。

 

日本では手に入れることのできなかった美しい色のティーポットの数々。日本の多くの方にもぜひ、この美しい茶器を紹介したいという願いを製造元に受け止めてもらい、輸出専用商品でありながら特別に、当社が日本国内での企画プロデュースを行いながら、ご紹介をしております。

 

日本で馴染み深い、黒色の鉄器も魅力的ですが、美しい色と洗練されたデザインのティーポットは、和洋問わずコーディネートできる優れた茶器であり、オブジェでもあります。暮らしの中に彩りを与え、使い込むほどに味わいを増す独特の質感、いつまでも変わらない美しさは、現代の生活によく溶け込み、使うほどに愛着が湧くことでしょう。

海外でも人気の高い日本の誇るべき伝統工芸品「南部鉄器」の魅力を、より多くの方々に知っていただくことが私どもの願いです。



 
 

 

南部鉄器カラーポットは、お茶を愛する専門家として特別に、日本国内での企画プロデュース及び、販売を許された、アンシャンテ・ジャポンのオリジナル商品です。

 

 
     
  オ ドゥラ デ メールとは  
     
 
 
 お問い合わせ プライバシーポリシー